翻訳会社による安心のサポート!

翻訳会社で働くには?

翻訳会社で働くには 将来、翻訳を仕事にしたいと思っている方は、どのようなプロセスで実現すればよいのでしょうか。
翻訳者や通訳者の仕事の形態は翻訳会社に就職するか、フリーランスで活躍するかの2パターンが挙げられます。
フリーランスで仕事をする場合は、自分で仕事をとってくる必要がありますので、人脈やコネが必要となります。特に、日本と違って海外の場合は、資格などを重視するよりも、実力やコミュニケーション能力、コネなどが重視される場合が多くあります。
またフリーランスで活躍している人のほとんどは、複数の翻訳会社に登録しています。通訳や翻訳は、会社員などと異なり、毎日仕事が入るわけではありませんので、いくつかの翻訳会社と繋がりを持っておくことが大切です。
登録の際は、必ず、書類審査とトライアルとよばれるテストがあり、必要に応じて面接などが行われます。翻訳者になるのに、必ずしも資格は必要とは言い切れませんが、その人の実力や頑張りを判断する一つの基準となりますので、将来翻訳や通訳を目指す人は、出来るだけ上の資格を取得しておくとよいでしょう。
会社によっては、翻訳内容の秘密保持や、品質の安定の面から、自社スタッフのみで業務を行う場合もあります。
翻訳会社に就職するとなると、語学スキル、コミュニケーション能力、最後まで業務を遂行する意志が更に求められます。

多言語翻訳の需要の高騰と翻訳会社での需要

多言語翻訳を行うことによって情報発信をしていくということが重要性を増してきています。
国際化が唱えられるようになって久しくなり、英語で情報発信をすれば世の中に理解してもらえるという考え方が広まりました。
しかし、それだけでは十分ではないという考え方が広がってきているのが現状です。
英語で情報を発信した場合には、英語を母国語としている国を除くと、英語で発信された情報を積極的に取得する動きを起こさなければその情報に触れることはありません。マーケティングを行っていく上ではより積極的に消費者に働きかけることが大切であり、市場拡大を考える先の国の言語で情報発信を行うというのがよりよいアプローチとなります。
そういった兼ね合いから多言語翻訳の需要が高まっており、翻訳会社でもその需要に応えられるようにサービス展開を行うようになってきています。
しかし、多言語を扱える人材は少なく、翻訳会社では日本語と英語以外の言語の翻訳ができる人材の確保に躍起になっている状況があるのが現状です。
そのため、新しい言語を一つ習得することによって翻訳会社に就職先を求めるということが賢いアプローチとして台頭するようになってきています。

おすすめの翻訳関連リンク

金融・財務・ビジネス・契約書翻訳専門の翻訳会社のサイト

翻訳会社を選ぶなら